林勇気(Hayashi Yuki)

WORKS

2012
08.17

arukoto

Author:運営事務局

Tags: 林勇気

Pin It Share on Tumblr

あること being/something  
arukoto   being/something
2011
ハイビジョンビデオ,プロジェクター  HDvideo , projector
兵庫県立美術館での展示風景 Installation at Hyogo Prefectural Museum of Art , Hyogo , Japan
music by SPANOVA
Photographed by OMOTE Nobutada



あること being/something arukoto   being/something 2011 Video still,detail
TRACK BACK
http://kakehashi.tv/creator/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=288

PROFILE

映像作家。97年より映像作品の制作を始める。国内外の美術展や映画祭に出品。 自身で撮影した膨大な量の写真を、コンピュータに取り込み、切り抜き重ね合わせることでアニメーションを作る。その制作のプロセスと映像イメージは、インターネットやテレビゲームを介しておこなわれる現代的なコミュニケーションのあり方を想起させる。
映像芸術祭 MOVING実行委員、宝塚大学造形芸術学部准教授。



【主な個展】
2007 gallery neutron(京都)
2008  世田谷ものづくり学校 IID gallery(東京)
2009 neutron tokyo(東京)
2010 ギャラリーヤマキファインアート (神戸)
2011 兵庫県立美術館(神戸)
2012 南山城村AIR 青い家(京都)

【主なグループ展など】
2002 「イメージフォーラムフェスティバル」
        (新宿パークタワー / 東京、横浜美術館 / 神奈川、他)
         「バンクーバー国際映画祭」(カナダ)
2003 「STARTART001」(細見美術館 / 京都)
         「香港国際映画祭」(香港)
2004 「アウト ザ ウインドウ」
         (国際交流基金フォーラム / 東京、Project Space ZIP /
         韓国)
2006 「トロント・リール・アジアン国際映画祭」(カナダ)
2007 「トランスメディアーレ」(ドイツ・ベルリン)
         「新進アーティストの発見in あいち」
         (愛知芸術文化センター / 愛知)
2008 「Art Court Frontier 2008 #6」
         (アートコートギャラリー / 大阪)
2009 「Re:membering Next of Japan」
         (Doosan art center, Gallery loop / 韓国)
         「migratory - 世界に迷い込む - 」
         (アートコートギャラリー / 大阪)
         「白昼夢 Daydream」
         (愛知県美術館ギャラリー H, I 室 / 愛知)
2010 「ふれて / みる」(中京大学 Cスクエア / 愛知)
2011   「human-frames」
         (Kunst im Tunnel、他/ドイツ、シンガポール)
         「moving」(京都シネマ、アートフェア京都 / 京都)
         「Drawing Exhibition ドローイングの距離」
         (CAP STUDIO Y3 / 神戸)
2012 「恵比寿映像祭 フィジカルの映像」
         (BYTにて参加 東京都写真美術館 / 東京)
         「映像芸術祭 MOVING」
         (Social Kitchenにて個展、他/ 京都市内)

【主な受賞】
2002 「イメージフォーラムフェスティバル」 審査員特別賞 受賞
2006 「トロント・リール・アジアン国際映画祭」Wallace Most
         Innovative Film or Video Production Award 受賞
         「AMUSE ART JAM」 準グランプリ 受賞

ARCHIVES