SjQ++(SjQ++)

Pin It Share on Tumblr

PROFILE

Profile

演奏者間の映像を介した相互行為によって、パフォーマンスをその場で生み出すプロジェクト。
演奏者はリアルタイムで映像上に表現される光に反応して音を発し、その音は再帰的に映像を形成する。
この不断の連続により、音、光、グラフィック、それぞれが不可分の形で編み込まれ、独自の体験を会場にいる者に提供する。
現代アート/クラブ/電子音楽の境界の狭間で活動を展開。
2013年、メディア・アートの世界的な賞である「アルス・エレクトロニカ」において準グランプリ受賞(デジタルミュージック部門)。

PICK UP

「KAKEHASHI」第27回のインタビューは、SjQ++の皆さん。

魚住勇太さん(ピアノ)、米子匡司さん(トロンボーン)、ナカガイトイサオさん(ギター)、アサダワタルさん(ドラム)、大谷シュウヘイさん(ベース)と人工生命によるプロジェクト『SjQ』に、2012年4月よりKezzardrixの神田竜さん(映像)が加わり、オーディオ・ビジュアル・プロジェクト『SjQ++』として活動していらっしゃいます。